Welcome to Evently

Lorem ipsum proin gravida nibh vel veali quetean sollic lorem quis bibendum nibh vel velit.

Evently

Stay Connected & Follow us

Simply enter your keyword and we will help you find what you need.

What are you looking for?

Good things happen when you narrow your focus
Welcome to Conference

Write us on info@evently.com

Follow Us

  /  

現在、様々なメディアで取り上げられ町民による挑戦「あしがくぼの氷柱」が話題の人口8,000人に満たない小さな町、埼玉県横瀬町。日本一チャレンジする町、日本一チャレンジする人を応援する町として民間と行政のお互いのWinを目指す連携施策「よこらぼ」を展開中。スタートして7年目、コロナ禍においても都市部を中心に毎月約3件の新規事業の提案が舞い込む。特徴としては、世の中にまだ生まれていないサービスやプロダクトの実証試験が多い。また提案者のハードルも低く、大企業からスタートアップまたは大学や学生個人など誰でもチャレンジできる仕組みとなっている。特に町から金銭的な支援は少なく、行政が民間側のチャレンジに伴走する形での支援によりチャレンジすることへの価値やお金だけではない関係性が生まれている。さらに人が関わる「場」や「仕組み」作り、町民、町民以外または行政と民間という白や黒といったはっきりとした境を超越した、ゆるくもつながりやすい”関わりしろ”が新たな価値や新たな関係性の循環になり、まちづくりのエコシステムとして寄与している。 「よこらぼ」は令和4年度ふるさとづくり大賞優秀賞を受賞。 そんな町の現場で働く役場職員、観光協会職員と会場で”巡り逢った”皆さんと地方での関わりについて新たな価値を探ります。

本セッションでは、B2Bマーケティングを実践する上での基盤となる思考とフレームワークをお話します。『デジタル時代のB2Bマーケティング講座』という講座で教えている内容の超ダイジェスト版となりますが、参加された皆さんには「なるほど!」と内容お持ち帰りいただき、多くのB2Bマーケティング関連の記事やセミナー・講座に参加される場合にも、基盤として理解していただきたいと思います。

日本におけるライブエンターテインメントのポテンシャルというテーマから、 我々spotlightの簡単なご紹介とチームを立ち上げた意義をご紹介し、 ここ近年のライブエンターテインメントの変化についてや日本のエンタメコンテンツの海外との関わり方、そしてライブエンタメができるこれからの日本再生・復興、エコシステムの考え方などを語れたらと思います。

以下の内容をベースに、「価格」や「プライシング」の時代的背景も交えながら、企業はどういう意思決定をしてきたのか、またこれからどうしていけば良いのかについて議論します。 ・日本の値決めの現在地 ・日本の値決めの歴史 ・日本の値決めの未来 セッションの中では、具体的なプライシングの手法についても触れようと思います。

昨今のサウナブームをふまえ、これからの地域とサウナの関係性を世界のサウナに詳しいサウナーで議論します。 アウフグース世界大会で3位を勝ち取った鳥取県の五塔熱子氏、埼玉県を中心に全国各地へ温浴施設を展開中のおふろカフェの新谷竹朗氏。CULTURE SAUNA TEAM “AMAMI”としてBRUTUSのヨーロッパサ旅を経て埼玉県の盛り上げを実施する橋本健太郎氏。世界のサウナを知る3名によるこれからの地方サウナを徹底議論します。

都市とXRの融合する世界をつくるためには、森ビルのような都市づくりを担う企業だけではなく、最先端技術や多彩なIPを有する企業、新進気鋭のアーティストやクリエイターたちとの、領域を超えたコラボレーションが必要です。本講演では、虎ノ門ヒルズエリアを舞台に11社でスタートした「クリエイティブエコシステム構築に向けた共同プロジェクト」についてお話します。ビジネス・アート・ファッション・エンターテインメントなどを高次元で融合させ、新たな価値や体験を創出し、東京から広く世界に発信していく仲間を募集中です。

マーケターオブザイヤーのタイトルを持つ貝印・グレートワーククス鈴木曜氏と東京五輪G-satelliteではガンダムの乗る衛星を飛ばし、川崎フロンターレでは数々の類を見ないプロモーションを仕掛けて来た天野氏に、ジュンカムことインフォバーン代表の田中氏が、その体験設計にいたるお二人の哲学と行動原理、またどんな未来が見えているのか、アイデア発想の真髄に迫ります。 エンターテインメントに関わるすべての人におすすめのセッションです。

2月27日、28日開催のCity-Tech.Tokyoは、持続可能な社会の実現に向けたスタートアップの挑戦を後押しするものとして、東京都が主導して開催する初のスタートアップのグローバルイベント。 300のスタートアップによるブース出展、30か国・100都市から1万人の参加を目標に、インフラ・社会基盤、環境などのテーマについて、多様なアイデアとテクノロジーで新たな都市像を導くための具体的な協業や投資拡大に繋がる場を創出。 実行委員長である東京都宮坂副知事と共に、参加スタートアップやPRアンバサダーからイベントの一部をイベント前にご紹介。

「あらゆるデータをビジネスの力に」を目指すスタートアップ・primeNumber は、2022年3月に初の大型自社イベント「01(zeroONE)」を開催。 初回にして、1,000名エントリーを得ただけでなく、同年の11月には「01(zeroONE)2022 Autumun」を再び開催し、エントリーはなんと2.6倍の2,800名越えと急拡大を実現しました。 スタートアップ企業の多くが考える「自社イベント実施」の意義とそこに踏み出すタイミング、そして、成功に導くための組織づくりについて、primeNumber 代表の田邊雄樹氏をお招きし、決断から成功までのプロセスについてお聞きします。

新型コロナウィルスで分断された、社員部門の信頼関係構築・超えた交流を目的に社内コミュニティを始める企業が増えてきています。実際に企業内コミュニティを運営する3名をお呼びして「企業コミュニティの実際を語る」と題して、何をしているのか、どんな効果があるのか、そもそも楽しいの?など、コミュニティ運営の裏側を話して頂きます。